安全な資産としてみる仮想通貨

仮想通貨は、現在、アメリカと中東の情勢が悪化する中、新たな資産として注目を浴び、貨幣と異なる安全な電子貨幣として注目を浴びています。この仮想通貨には大きな利点があり、投資目的で所有する他に、貨幣として自分の財産を預けることができるのです。その為、自分の資産が国が戦争に巻き込まれ資産を凍結されるなどが無いのが仮想通貨です。自己所有の貨幣であれば、その国の情勢が悪化して、戦争に近づいた場合、自由に紙幣を銀行で降ろしたりできなくなり、場合によっては財産を凍結されることもあります。その為、仮想通貨は、紛争が近い、もしくは紛争地帯に広めようとしているのは、そこにビジネスチャンスがあり、利用者としても自分の資産を凍結されることなく使用できるため、現在仮想通貨は、紛争などに強い安全な資産となりうるとされています。リップルなどが正にそうで、リップルの他ツイッターを発表した会社は、紛争地帯において、自由に貨幣を使用することができるものとして仮想通貨を取り入れた仕組みを作ろうとしています。このように、安全な資産としてみた場合、銀行に預ける場合と銀行を持たず電子的なデータを預ける手法であれば、各国や地域にある銀行に預けるよりも銀行を持たない仮想通貨を利用するのが効率的であると投資家の方々が判断した物だと思います。ただ、問題点もあり、資産としてみる場合、価値が高騰し続けるというのは望ましいかどうかです。新たにその仮想通貨に参入したい人がいて、価値が高すぎた場合、手が出せないか価格になってしまった場合、貨幣を電子貨幣に変えてくれるのかという問題です。ツイッター社ではこうした仮想通貨の価値が上がらない物を作ろうとしていましたが現在においては計画がとん挫いしています。理由としては、価値が上がらない仮想通貨に意味があるかどうかという問題が挙げられます。投資家が投資をする場合、安全性と別に価値が増減するかどうかです。価値が増減しない場合ただの貨幣でしかなく、利益を見込めないため投資をする側からしてみれば価値が無い貨幣なのです。ですが、貨幣単体で見た場合、自己所有している貨幣と同じ価値で、口座に預け入れる際、同じ金額で預け入れることができるのであれば、仮想通貨でトレードを行わない人からしてみれば紛争時にも使用できる貨幣ですので安全性が高く資産としても使用できるため、仮想通貨は安全な資産としてみることができます。現状においても問題は、仮想通貨の価値を増減させたい人とそうではない人がいて、いかに仮想通貨を生み出す資金を集めるかのようです。資金が集まれば新たに紛争が起きても十分貨幣として機能する仮想通貨が生まれる可能性がある可能性が高いというお話です